1. 1955 - 11月11日、オラチオ•パガーニはアルゼンチンのカシルダに誕生した
      11月11日、オラチオ•パガーニはアルゼンチンのカシルダに誕生した
    1. 1967 - シルバーに塗られたバルサ材製のモデルカーを自作
      シルバーに塗られたバルサ材製のモデルカーを自作
    1. 1971 - ミニバイクを自ら設計し製作
      ミニバイクを自ら設計し製作
    1. 技術者養成学校で学位を取得
    2. 1972 - ルノーのメカニズムを流用してバギーを自作
      ルノーのメカニズムを流用してバギーを自作
    1. ラ•プラタ大学(アルゼンチン)にて工業デザインを学ぶ
    1. ロザリオ大学(アルゼンチン)にて機械工学を学ぶ
    1. 1977 - アルゼンチンの自前スタジオで最初の活動を始める
      アルゼンチンの自前スタジオで最初の活動を始める
    2. バー用の家具をデザイン、製作
    1. 1978 - トレーラーキャラバンをデザイン、製作
      トレーラーキャラバンをデザイン、製作
    2. F2フォーミュラーマシンを開発、設計
    1. 1979 - F2フォーミュラーマシンを製作
      F2フォーミュラーマシンを製作
    2. シボレーピックアップトラックベースのキャンピングカーをデザイン、製作
    1. 整形外科用の椅子とベッドの開発に参加
    1. フォードF100ピックアップ、シボレーC/Kトラック、トヨタハイラックス、プジョー504ピックアップトラック用のグラスファイバー製キャビンをデザイン、1000台規模で量産
    2. ロザリオ大学(アルゼンチン)で『工業デザインにおける人間工学』を履修
    3. マラニ社のコンバイン用キャビンをデザイン
    4. 男女兼用のツーリングバイクをデザイン
    1. 1982 - ロザリオ大学のR&Dセンターからの発注で、路面の荒れ具合を測定する計器(ファン・エマニュアエル・ファンジオに敬意を表してメイズJMFと名付けた)を開発し製作
      ロザリオ大学のR&Dセンターからの発注で、路面の荒れ具合を測定する計器(ファン・エマニュアエル・ファンジオに敬意を表してメイズJMFと名付けた)を開発し製作
    1. ロイヤル•カレッジ•オブ•アート(ロンドン)及びアートセンター•カレッジ•オブ•デザイン(カリフォルニア州パサデナ)の奨学金を国際ロータリークラブから授与される
    1. イタリアに移住
    1. 1984 - ランボルギーニのSUV“チータ”プロジェクトに参加
      ランボルギーニのSUV“チータ”プロジェクトに参加
    2. 1984 - カウンタック・エボリュチオーネの開発チームに参加し、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を初めて活用
      カウンタック・エボリュチオーネの開発チームに参加し、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を初めて活用
    1. 1987 - ランボルギーニカウンタックアニヴァーサリーのスタイリングを担当
      ランボルギーニカウンタックアニヴァーサリーのスタイリングを担当
    1. ランボルギーニ エンジニアリング社 : F1エンジン用の様々な構成部分のモデル設計や生産設備、製造に携わる
    1. ランボルギーニ エンジニアリング社 : F1エンジン用の様々な構成部分のモデル設計や生産設備、製造に携わる
    1. ランボルギーニディアブロの初期デザインおよびエンジニアリングに協力。後にモデルや金型の製作、さらには先進複合素材をボディ構造に応用するためのノウハウをランボルギーニ社に提供
    1. 1990/1991 - - ランボルギーニL30プロジェクト :デザイン、エンジニアリング、モデル、金型設計、複合素材技術を担当
      - ランボルギーニL30プロジェクト :デザイン、エンジニアリング、モデル、金型設計、複合素材技術を担当
    1. 1991 - モデナデザイン社を設立
      モデナデザイン社を設立
    1. 1992 - ディアブロの市販に向けたスタイリング変更に協力
      ディアブロの市販に向けたスタイリング変更に協力
    1. ロシニョールグループのラング レーシング:スキーブーツをデザイン
    2. 1993 - 複合素材でパーツを製作
      複合素材でパーツを製作
    3. ゾンダ プロジェクトがスタート
    1. 日産自動車:レーシングカー用のスポイラーを研究
    1. ランボルギーニのインテリアデザインを担当
    2. アプリリア :世界選手権用250cc&400ccのレーシングバイクのエンジニアリングと各種コンポーネンツ用の金型設計および製作に協力
    1. ルノー :プロジェクト「NEXT」のエンジニアリング、金型設計、コンセプトカーの製作
    2. フェラーリ :F1エンジンコンポーネンツの金型設計および生産に協力
    1. ベルマン : スズキ ヴィターラとダイハツ ムーヴ用パーツのデザイン、エンジニアリング、モデリング、金型設計に協力
    1. ダラーラ :先進の複合素材を用いたF3用コンポーネンツの金型設計と製作を担当
    1. 1999 - ジュネーブモーターショーにて、ゾンダC12を発表
      ジュネーブモーターショーにて、ゾンダC12を発表
    1. ジュネーブモーターショーにて、ゾンダ S 7.0を発表
    1. ジュネーブモーターショーにて、ゾンダS 7.3を発表
    2. クライスラーME412のコンセプトを研究
    1. 2003 - ジュネーブモーターショーにて、ゾンダ ロードスター S 7.3を発表
      ジュネーブモーターショーにて、ゾンダ ロードスター S 7.3を発表
    1. 2005 - ジュネーブモーターショーにて、ゾンダFを発表
      ジュネーブモーターショーにて、ゾンダFを発表
    1. 2006 - ジュネーブモーターショーにて、ゾンダ ロードスターFを発表
      ジュネーブモーターショーにて、ゾンダ ロードスターFを発表
    1. 2007 - ジュネーブモーターショーにて、ゾンダRのファーストモデルを発表
      ジュネーブモーターショーにて、ゾンダRのファーストモデルを発表
    1. ジュネーブモーターショーにて、クロノグラフ時計とゾンダRモデルを発表
    1. ミラノにて、ゾンダRのワールドワイドプレビュー
    2. 2009 -
    3. 2009 - ジュネーブモーターショーにて、ゾンダ チンクエ、ゾンダR、およびサウンドシステムを発表
      ジュネーブモーターショーにて、ゾンダ チンクエ、ゾンダR、およびサウンドシステムを発表
    1. ジュネーブモーターショーにて、ゾンダ チンクエロードスター、ゾンダ トリコローレを発表
    1. 2011 - ミラノのピレリ本社にて、ウアイラをワールドプレミア
      ミラノのピレリ本社にて、ウアイラをワールドプレミア
    2. 2011 - パガーニU.S. :北米市場でウアイラを正式発表
      パガーニU.S. :北米市場でウアイラを正式発表
    1. 2011 - アジア市場において、ウアイラを正式発表
      アジア市場において、ウアイラを正式発表
    2. パガーニ ジャパン設立
    3. パガーニ ジャパン:ウアイラを日本プレミア
    1. 2013 - ジュネーブモーターショーにて、パガーニとソナスファベール社がパートナーシップを結び、ウアイラ用の専用プレミアムハイエンドオーディオシステムを発表
      ジュネーブモーターショーにて、パガーニとソナスファベール社がパートナーシップを結び、ウアイラ用の専用プレミアムハイエンドオーディオシステムを発表