Huayra

Huayra

Description

Zonda S 7.3

7年にわたる奮闘の結果、やっとHuayra(ウアイラ:プロジェクト名C9)の誕生に至った歴史と、経緯を振り返ることが出来るようになりました

そのコンセプトは2003年、Zonda S Roadster を送り出した時に生まれました。ご存知のように2000年代の初頭はスーパーカーの全盛期で、有力メーカーがしのぎを削り、Bugatti Veyron, Porsche Carrera GT, Ferrari Enzo, Mercedes McLaren SLRなどの名車が続々と登場しました。

そのような状況のなか、Zondaの将来と新しいPaganiがどうあるべきかについて、幾つかの構想を描くこととなりました。なにしろZondaの最初のデザインは90年代初期に出来たものだったので、まずはこのモデルの概念を破棄した上で、スタイリング、サイズ、パワートレイン、テクノロジーの全く異なった車を構想し、しかも我々の取り組みの本質を見失うことなく、ルネサンス時代のレオナルド・ダヴィンチの言葉にあるように、芸術と科学は共に進むべき両輪だという理想に従うことにしたわけです。さまざまな形をとる空気という悠久の元素、とくに「風」を新たなデザインのテーマとしましたが、これはジェットエンジン、グライダーの静かな滑空…、風の造り出す優美な動きと流れ、荒れ狂うときの猛威と力…等、われわれの生活に常在するもので実に卓抜な思いつきでした。

Huayraは4000を越える特別で精巧なパーツから成り(エンジン、ミッションは除いた数)、これらのパーツを製作して組み上げるには、創造性と情熱と忍耐が不可欠です。しかし全てのパーツにおいて、若く素晴らしいチームと、きわめて優れた協力会社と共に、それを成し遂げる事が出来ました。

車体寸法に関しては、全長はZondaと比較して約200mm、ホイールベースは70㎜長く、キャビンは40㎜後退させ、更にゆったりとした空間を確保しました。横から見る外観は、柔らかくも簡潔な輪郭を持ち、始めと終わりのある、細く流れるような確かなラインを描くものにしました。

デザインという点では、この5年間、8つのスケールモデル、2つの実寸モデル、それに何百というスケッチをもとに、初期構想から離れることなく、しかも細部に細心の注意を払いながら、最良のソリューションを見いだすことに努めました。その狙いと特徴は、PAGANIのアイデンティティを表現する車体前部・後部の楕円形状、ヘッドライト部から始まってリアフェンダーの吸気口に達する流れと、キャノピーを取り囲んで車体後部中央でエグゾーストパイプと合流し、集合するラインの協奏、それに当初から動きのある流線型の実現のために、計算と空力実験により生まれた左右独立可動する開閉式フラップの採用などである。フロントのアクティヴ・サスペンションと4枚の可動フラップにより、抗力係数とダウンフォースのバランスは最良のものとなっています。

Mercedes-AMGが製作する出力730HP・トルク1000Nmのツインターボエンジンは、我々の“航空機の離陸時に匹敵する圧倒的パワーが欲しい”という欲求を完全に充たしてくれるものです。大切な事はその圧倒的な力をリニアに、タイムラグも無く供給出来るということです。そうでなければ危険なだけではなく、絶えず電子制御を介入させて操作の補助をしなくてはなりません。なお、このエンジンは来るべき環境規制を5年前から予測してしたMercedes-AMGにより、CO2排出および燃費の点でも、最高の12気筒エンジンに仕上がっています。

タイヤを供給するPirelli社は、Huayraのためにあらゆる状況下で路面インフォメーションにずば抜けて優れ、転がり抵抗の低いきわめて先進的なタイヤを造り出しました。
そういったデザインやテクノロジーの一つ一つは、走行性能の向上の目的だけではなく、同時に高出力リアエンジン車による多くの事故に配慮しての、あらゆる安全策ともなっているのです。

最後に、同時進行していたZondaの進化バージョンの開発と、C9(ウアイラ)の開発を通じて、当初我々が抱いていた心配に反して、Zondaの設計が廃れてなどいないことも知りました。HuayraにとってZonda R(後にR evo、Revolucionに進化)は研究開発のテストベッドとなり、開発チームは様々な路上でテストを行なっては議論を重ね、開発コンセプトから、材料、科学、デザイン、および安全上の研究成果を共有し、修錬する場となったのです。

オラチオ・パガーニ Horacio Pagani

Specifications

車名 ウァイラ
乗車定員 2名
全長/全幅/全高 全長4605mm / 全高1169mm / 全幅2036mm
ホイールベース 2795㎜
車両重量 1350㎏
エンジン形式 ミッドシップV型12気筒DOHC48バルブツインターボ
重量配分 Front 44% - Rear 56%
最高出力 730hp / 5800rpm
総排気量 5980cc
最大トルク 1000Nm from 2250 to 4500rpm
ミッション形式 7速 AMT
パフォーマンス 最高速 360km/h  0-100km/h 3.3秒