Huayra>Partners

 HUAYRA Brembo

ブレンボ(Brembo)は革新的な技術とそのデザイン性で、世界最高レベルのブレーキシステムを造り続けています。1999年以来、パガーニ各モデルに要求される型破りなブレーキ性能に、彼らは常に応えてくれました。パガーニの車体エンジニアと協力し合いながら、パフォーマンス性、安全性、快適性に優れたブレーキシステムを提供してくれているのです。 ウアイラにはブレンボによる最新のカーボンセラミックブレーキ、CCM(ブレンボとSGLグループによるJVのBSCCB社が製作)が装備されています。ゾンダRに搭載しニュルブルグリング・ノルドシュライフでテストされたものと同一であり、ウアイラがいかに厳しい条件下にあろうとも、確実なブレーキ性能を約束するものです。

ブレンボ製CCMユニットは従来の鋳鉄製ディスクに比べてかなり軽く、そのため、足回り全体の軽量化にも大いに貢献しています。結果、スポーツ走行時のダイナミックな動きはもちろんのこと、コンフォート性にも際立った好影響をもたらしました。ブレンボが製造する複合セラミック素材のブレーキコンポーネンツは、どのような運転状況においても高い制動特性を確保してくれます。あらゆるスピードにおける制御が常に安定し、ドライバーは最大限の力をブレーキペダルに与えることができるというわけです。

それゆえ、減速状態が長く続いたとしてもフェードすることなく、常に安定した制動性能を提供してくれます。こういった素晴らしい特性を、伝統的な鋳鉄素材で得ることは、ほとんど不可能です。

ブレンボCCMブレーキバンドは金属ベルに連結され、車輪のハブに直接、固定されます。長年にわたる研究開発によって得られた特許取得済みのこの固定方法は、ブレーキバンドとベルの間の歪みに柔軟に対応することで、2つのブレーキディスク素材、ブレーキバンド、そしてベルのそれぞれ異なる熱膨張を許容し、それらが相殺されるように工夫されています。

Brembo

さらなる高温下においては、ブレンボCCMユニットのゆがみは最小限に抑えられ、パッドとの完璧な接触を維持します。この性能特性もまた、鋳鉄のディスクでは容易には得られません。スチールディスクは、長いあいだ熱にさらされると歪む傾向にあります。そうなってしまうとノイズが発生するうえ、当然、ブレーキパフォーマンスの甚だしい低下にもつながってしまいます。

高硬度を誇る合成セラミック素材のディスクは車体とほぼ同じ耐用年数を誇るものです。水や塩分溶解液などが路面を覆う冬場の特殊な状況に遭遇したとしても、その表面が腐食することはありません。これらの特性もまた、通常のスチールディスクでは、どうしても得られない性能なのです。

オフィシャルサイト: http://www.brembo.com